講座詳細
見学可

本物の目を養う 日曜芸術学

描かれた背景が分かれば、美術館に行くのがもっと楽しくなる! 一流の名品、名作を学びその良さをきちんと知りたい方、芸術品に興味があっても、なんとなく美術館などに気後れしてしまう方。この機会に芸術の素晴らしさを学び、本物の目を養いませんか?

1枚の絵にも、描かれた経緯や技法、込められたメッセージなど見どころは盛り沢山。それが分かれば、きっと世界が広がりますよ。

「現在アート展」主宰の上野純雄講師が、ピカソから熊本ゆかりの永青文庫まで、幅広くご紹介します。

<H31年度 カリキュラム>
4/21 エミール・ガレ <アール・ヌーヴォーとジャポニズム>
5/19 シャガール   <愛の讃歌>
6/16 熊谷守一    <侘びの極地>
7/21 ミレー     <バルビゾン派へ>
8/18 エッシャー   <視覚における錯覚と冒険>
9/15 ブリューゲル  <バベルの塔の崩壊>
10/20 マックスフィールドパリッシュ
    <ハンコック・シェーカー ヴィレッジからの目覚め>
11/17 コロー     <印象派への架け橋>
12/15 ルネ・ラリック <アール・デコとジャポニズム>
●講師紹介
●講師名
上野 純雄
現在アート展主宰者、総合文化雑誌「芽」編集長、パンゲア展顧問
●プロフィール
芸術学講座は、ことばで説明する為、美学のジャンルに隣接することになります。美学哲学なので難しい説明にならないように作品をスライドで投影しながら時代背景と共に芸術文化の旅にお供ができればと願っています。ヘーゲルは美学講義で「人間の精神活動の最高位を占めているものとして、芸術と宗教と学問を考える。」と述べています。絵・彫刻・音楽・詩はなぜ美しいと感じるのか!なぜ、求めるのか? その謎を紐解いていきます。
●講座について
●講座開催日
第3日曜(月1回)10:30~12:00
●受講料
月額2,000円(税込)
●持参品
特にございません。
●備考
新規入会の方は、入会金3,240円(税込)が必要になります。
090-5724-4108
お申し込み・お問い合わせ
カテゴリー別講座一覧